にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

運命と宿命4

運命と宿命4

俺はどうして あの家に生まれたんだろう 類が苦しそうに言った あたしも苦しかった 普通のカッ...

記事を読む

運命と宿命3

運命と宿命3

俺は どうしたらいいんだろう 夜になると 類はつぶやく でもあたしは そんな類にかける言葉が ...

記事を読む

運命と宿命2

運命と宿命2

ときおり 類は電話で誰かと話している 「いや……それはできないよ」 類は「うん」とは言わない ...

記事を読む




運命と宿命1

運命と宿命1

類は 家具作りに燃えていた 職人の元に修行に行ってから 自分なりのデザインの 家具作りを追求するようになり ...

記事を読む

さよなら類17

さよなら類17

失ったと思ったときはじめて 類があたしにとって どれだけ大きな存在だったか 気付いてしまった 愛してる ...

記事を読む

さよなら類16

さよなら類16

ある日 フランスから エアメールが届いた …… 静さんだ 類 ありがとうという ...

記事を読む

さよなら類15

さよなら類15

類は 何を考えているのか 分からない部分があるけど 本当は たしかに あたしのことを 思ってくれ...

記事を読む

さよなら類14

さよなら類14

類とお別れすると思っていたあたしは こうやって 普通に暮らせることが すごくありがたく感じた 一緒に...

記事を読む

さよなら類13

さよなら類13

「俺はね ちゃんと静を直接祝福したかったの」 そうか 色々あった静さんだからこそ そんなにも 大切に思...

記事を読む

さよなら類12

さよなら類12

「なんだよ、そんな声して」 「……だって だって類が黙ってフランスに行くから」 「あぁ、ごめん でも...

記事を読む