にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

純愛セレナーデ10

純愛セレナーデ10

類とはじめて会ったとき 彼に不思議な魅力を感じたのは事実だ でもまさか こんなふうに一緒に住んで こんなふう...

記事を読む

純愛セレナーデ9

純愛セレナーデ9

「つくし」 「ん?」 「俺、本気だから」 「……うん」 類の真剣なまなざしから ...

記事を読む

純愛セレナーデ8

純愛セレナーデ8

静さんが帰ったあとも 部屋は静まりかえっていた 類はどことなく 元気がなさそうな顔で ぼーっとコーヒ...

記事を読む




純愛セレナーデ7

純愛セレナーデ7

あたしと類が付き合ってると知った静さんは 明らかに動揺していた 「そうなのね、類」 静さんは下を向いて ...

記事を読む

純愛セレナーデ6

純愛セレナーデ6

久しぶりにあらわれた 目の前の静さんに あたしは圧倒されてしまった すごくキレイ…… そして ...

記事を読む

純愛セレナーデ5

純愛セレナーデ5

震える手でお茶を入れて 恐る恐る テーブルまで持っていく 向かい合う 静さんと類は 絵画みたいにきれい...

記事を読む

純愛セレナーデ4

純愛セレナーデ4

「類〜、牧野さん〜!」 え? これは静さんの声? 「もう静ったら ここには来るなって言ってあったのに...

記事を読む

純愛セレナーデ3

純愛セレナーデ3

不思議なことに ヤキモチが 二人の絆を強くした気がする 類には静さん あたしには道明寺がいたこと ...

記事を読む

純愛セレナーデ2

純愛セレナーデ2

うしろから抱きしめられて 長い時間が経った 類の手は大きくて 包み込まれていると すごく安心する ...

記事を読む

純愛セレナーデ1

純愛セレナーデ1

もう 邪魔するものは何もない あたしは類が好き 類もあたしが好き 静さんのことを考えると ...

記事を読む