たまには類と 11

「ねぇ、つくし」

なに?類?

「つくしは、

何人くらい子ども欲しい?」

…ドキッとした

急にどうしたの?

「俺は、たくさん欲しい」

無邪気な笑顔をみせる類

「だって、にぎやかで

楽しそうでしょ?」

うん、そうだね

あたしは類との会話に

相槌を打ちつつ

顔が真っ赤になってしまう

類と結婚して

お父さんとお母さんになって

たくさんの子ども達に

囲まれたら

そんなに幸せなコトって

他にないよね?

いつか、その夢が

現実になりますように

あたしは神様に

そっとお願いした

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加