たまには類と 4

「今日はつくしに僕がごはん作ってあげる」

え?

急にどうしたの?

「別に特に記念日じゃないけどさ、

つくしのために何かしたい気分になるんだよな」

いつも、照れるようなことを

真顔で言ってくる類

こんなんじゃ、心臓もたないよ

「できたよ、ホタテのパスタ」

…すごい!

おいしい!

「でしょ?」

子供みたいに笑う類

類の作ってくれた料理は

優しい味がした

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加