たまには類と 2

「つくし、見て?」

あ!朝顔!

もうそんなに大きくなったんだ!

優しげな顔で

朝顔に水をあげる類

類といると

世界の時間が止まっちゃったみたいに感じる

穏やかでやさしくて、心地好くて

類の世界に迷いこんだあたしは、

これが現実なのか夢なのか

わからなかった

「つくし、愛してる」

……

類はしばらくフランスで過ごしてから

すごくストレートに

愛情表現をしてくるようになった

それにいちいち、

照れてしまうあたし…

類、あたしも

愛してる

いつも、恥ずかしくて

言葉では言えないんだけど…

その代わり、

ギュッと類の手を握った

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加