類と同棲!? 4

「ここが二人の愛の巣かぁ…」

愛の巣って(笑)

類の日本語は

ストレートすぎて面白いし

なんだか、照れてしまう

同棲するために

類が選んだマンションは

とても、類らしい家だった

静かで、

自然がいっぱい見えて

優しい木漏れ日が

窓から差し込む家

まだ家の中には

何もなくてガランとしている

これから、ここで

類との同棲が

はじまるのかと思うと、

すごくドキドキする

「これから、朝も昼も夜も

ずっと一緒だよ?」

うん…

類のそばにいられるなんて、

なんだか夢みたい

類にギュッと抱きしめられる

背が大きい類は…

なんだか

大きな木のようで

無条件に安心する

心が癒やされ満たされていく

類、愛してるよ

あたしは

気持ちを込めて

ギュッとした

類との時間は

一瞬一瞬が

宝物だった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加