運命と宿命3

俺は

どうしたらいいんだろう

夜になると

類はつぶやく

でもあたしは

そんな類にかける言葉が

見つからなかった

あたしに出会わなかったら

類はこんなに

苦しい気持ちにならなかっただろう

花沢家の跡継ぎとして

まっすぐ

生きていったのだと思う

二人でいる

穏やかな時間が好きだ

でも

永遠ではないのかもしれない

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加