さよなら類17

失ったと思ったときはじめて

類があたしにとって

どれだけ大きな存在だったか

気付いてしまった

愛してる

そんな言葉じゃ

すべてを語れないくらい

深い想いが類にはある

そんなことに

あたしは

あらためて気づけた

これからは

穏やかな日常の中でも

類への大切さを

いつもいつも意識したい

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加