さよなら類13

「俺はね

ちゃんと静を直接祝福したかったの」

そうか

色々あった静さんだからこそ

そんなにも

大切に思っているんだね

「なんで?ヤキモチやいてんの?」

類がクスクスっと笑った

そのイタズラな笑顔が

あたしは大好きなんだ

子どもみたいに無邪気で純粋で

そんな類が

あたしは

心から好きなんだった

やっと日常が

戻ってきた気がした

もう二度と心が離れないように

類とずっと一緒にいたいよ

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加