さよなら類12

「なんだよ、そんな声して」

「……だって

だって類が黙ってフランスに行くから」

「あぁ、ごめん

でも用事はもう済んだ」

「え……?」

「だから静に

結婚おめでとうって

直接言えたから」

類は

静さんの結婚を止めに行ったんじゃなくて

祝福しに行っただけだったの?

あたしは

全身の力が抜けた

そっか

そうだったんだ

類の考えていること

行動はマイペースすぎて

時々分からなくなる

不安になって期待して

好きになって怖くなって

類との恋愛は

ジェットコースターみたいだった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加