さよなら類10

類……

あたしは

寂しすぎて

ケータイを手に取った

類、声がききたい

もう限界だよ

電話帳の

類という字を見つめていたら

目に涙が滲んでしまった

類の優しい声

繊細な言葉づかいが

懐かしかった

あたしは気づくと

コールボタンを押していた

……

でも類は

フランスにいるんだ

電話がつながるはずなんて

絶対にない

あきらめた

ちょうどその時だった

「もしもし?」

……

電話口から類の声がきこえた!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加