さよなら類9

類を忘れることは

とてもとても

難しかった

ひょんなことから

一緒に暮らすようになって

友情が恋になって

愛になって

そして

家族のような

かけがえのない

大切な存在になっていた類

類が心変わりしてしまったらと

何度も不安になったけど

ついにそれが

現実になってきている

類は

遠い遠いフランスにいる

しかも

静さんに会いに

もう自分には

チャンスがない気がした

考えるほどに

涙が流れてきた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加