さよなら類 3

類なんて大嫌い

類のことを

大好きになっていた分だけ

大嫌いになりそう

信じていたのに

類の心に

静さんがまだいるなんて

悲しくて

悔しかった

類が何を考えているのかは

分からない

しかし

結婚するという静さんを追って

フランスまで行くなんて

それだけで

類の静さんへの気持ちを

想像してしまう

あたしは

寂しかった

類のいない家と

大きな不安

生きている心地が

まったくしない日々だった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加