ジューンブライドの花嫁5

二人だけのごちそうを作って

二人だけで部屋を飾りつけて

二人だけの結婚式みたいに

あたしたちは

特別な休日を過ごしていた

最後に類が

あたしを見つめながら

優しい声で言った

「これ、あげる」

……え?

驚きで言葉が出ない

「今度は本物の指輪だよ」

ゆっくりと

あたしの薬指に指輪をはめてくれる

小ぶりだけど

小さなダイヤが輝いている

とても可愛い指輪

類、ありがとう

一生懸命働いたお金で

買ってくれた指輪

ずっとずっと

大切にするから

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加