ジューンブライドの花嫁4

「今度の日曜日

二人だけの結婚式をしよう」

類が

子どもみたいな無邪気な笑顔で

提案してきた

結婚式……?

気恥ずかしいけれど

すごく嬉しい

本当に入籍するわけじゃないけど

二人で特別なごはんを作って

部屋を飾りつけて

記念になるような

素敵な一日を過ごすことになった

あたしは

どこか入籍ということに

こだわっていたところが

あるけれど

二人の気持ちさえ

通じ合っていれば

なんの問題もないのかもしれない

あたしは

ウェディング風に

ケーキを作ってみようかな

なんだか胸が

ワクワクしてきた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加