ジューンブライドの花嫁3

類が編んでくれた

シロツメクサの指輪を

あたしは大切に持ち帰り

家でも水につけて

飾っていた

でもどんなものも

いつか朽ちてしまうように

シロツメクサの指輪も

どんどんしなびてきて

茶色くなってしまっていた

まるで

類と一緒にいる

喜びと不安を表してるみたいだった

すごくすごく

幸せで嬉しいのに

この幸せが

ずっとは続かないように感じる

類が

お金持ちだから

あたしとは不釣り合いだから

こんなに不安なのかな

でも、それだけじゃないかもしれない

あたしは

あたしの中にある不安の正体が

まだ分からずにいた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加