ジューンブライドの花嫁2

類とお弁当を作って

ピクニックに来た

シロツメクサがたくさん咲いていて

二人で四葉のクローバーを探したり

穏やかな時間を過ごしていた

すると類が

「これ、プレゼントあげる」と

照れくさそうに

あたしの指に

なにか付けようとしている

わ、素敵……!

類がいつの間に編んだ

シロツメクサの指輪を

薬指につけてくれた

白くて繊細で

とても可愛くて

思わず感動して

あたしは言葉をなくしてしまう

類はとても純粋で

類の持っているこういう世界観が大好きだ

「いつか本物の指輪をプレゼントするよ」

ニコッと微笑んだ類の顔を見て

幸せがこみ上げてきた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加