二人の試練8

「俺さぁ、つくしの子どもが欲しい」

まさか類に

そんなこと言われると思わなかったから

あたしはビックリした

でも類は

冗談でもなくて

真剣な顔で

あたしに語っている

あたしも

同じことを自然と思っていた

類と暮らしていると

こうなったらいいなって未来が、

どんどん浮かんでくる

類とあたしの子どもか

穏やかで楽しい家庭を

作りたいな

類に恋した時は

そんな未来、夢物語だと思ったけど

1つ1つ努力している今は

努力でそれが

掴み取れる気がしている

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加