二人の試練5

「つくし、来て!」

類に手を引かれ

あたしは隣の部屋に連れていかれた

うわっ!

息をのむような

素敵な椅子……

美しいという言葉がぴったりな

類らしい繊細なデザインだった

まだ家具職人を目指し始めて

1ヶ月だというのに

類の元々持っている芸術性は

あたしの想像を超えていた

「俺がはじめて作る椅子は

つくしのために作りたかった」

ありがとう……

感動のあまり

声がかすれてしまった

類はなかなか言葉で愛情を

表現してくれるタイプではないけれど

こういうふとした瞬間の

思いが、すごくすごく

心に染みた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加