二人の試練4

類は

笑顔で帰ってくる日もあれば

どこか曇った表情で

帰ってくる日もあった

家具職人になる道は

そう簡単ではなかった

あたし達は

今まさに試練の中にいた

何不自由なく

日本有数の大企業の

おぼっちゃまとして

生活していた類

類の心を思うと

少し苦しくなることがあった

あたしには

何ができるだろう

できるかぎり

類がリラックスして過ごせるよう

部屋を掃除して

美味しい食事を作って

そして

あたしもできるかぎり

バイトに出よう

二人で協力し合って

未来を紡いでいく

大変だけど

あたしは希望に溢れていた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加