二人の試練 3

俺、家具職人になろうかな

類がキラキラした目で

あたしに語り始めた

自分たちで仕事をして

自分たちで生きていく

一緒にいるために

あたしたちは努力しないと

いけなかった

類はさっそく

家具職人に見習いを始めた

あたしは朝

お弁当を、つくって

そんな類を送り出す

ささやかで

お金とない暮らしだけど

なんだか

すごくシアワセを、実感していた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加