二人の試練 1

好きになればなるほど

壁も見えてくるようになった

類は

おっとりしてるけど

日本でも有数の

大会社の息子だ

貧乏なあたしとは

釣り合うはずもない

結婚

いつか類とは

結婚したいと思うし

類も結婚しようと

あたしに言ってくれたけど

現実感がないのが本音で

どうせ無理なんだろうな

そんな気持ちがくすぶっていた

好き

一生、一緒にいたい

この思いを叶えるために

何をどうしたらいいのだろう

目の前に積み重なってるものの多さに

あたしはパンクしてしまいそうだった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加