純愛セレナーデ9

「つくし」

「ん?」

「俺、本気だから」

「……うん」

類の真剣なまなざしから

言葉にならない思いが

伝わってくる

類とは

一緒に住んでいても

たくさんの言葉を

交わすような関係じゃない

でも関係が深くなるたび

お互いの気持ちが分かるようになって

今では

ちょっとした表情やしぐさから

類の愛情を受け取れるようになった

友達から始まった類との関係が

恋、そして愛へと

どんどん育っていく

「あたしも本気だよ」

「うん」

それは

心からの言葉だった

こんなに

誰かを好きと思ったこと

大切だと思ったことなんて

今までなかった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加