純愛セレナーデ6

久しぶりにあらわれた

目の前の静さんに

あたしは圧倒されてしまった

すごくキレイ……

そして

やっぱり

分かってはいたけど

類と静さんは

すごくお似合いだ

あたしは

自信をなくして

下を向いてしまった

類が心変わりしたら

それも仕方ないなんて

弱気なことを考えてしまう

……

そんなときだった

「静、俺さ」

類が急に話しだした

「俺、牧野と付き合ってるんだ」

……

「え?」

静さんは

あっけにとられているように見えた

まさか類が

自分から

そんなことを言ってくれるなんて

あたしの抱いていた

ぼんやりした不安は

類のおかげで吹き飛んでいった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加