純愛セレナーデ2

うしろから抱きしめられて

長い時間が経った

類の手は大きくて

包み込まれていると

すごく安心する

その先に進みたい気持ちは

もちろんある

でも今は

この純粋な温もりを

純粋に受け止めたかった

類とひょんなことから同棲して

友達の感覚から

お互いが特別になって

ゆっくりゆっくり

恋や愛を知って

大切に育てている

まるで

種から育てて

いちごの実がなるのを

楽しみに待っているような

真新しいドキドキ感に包まれた

はじめての恋愛

類、ありがとう

あたし

類のおかげで

こんなに幸せだよ?

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加