純愛セレナーデ1

もう

邪魔するものは何もない

あたしは類が好き

類もあたしが好き

静さんのことを考えると

不安になることもあるけど

これからは類を信じて

前向きに進んでいこう

そんなことを考えながら

類を見つめると

久しぶりにニコっと

微笑んでくれた

あたしは

この笑顔が見たくて

生きてるんだ

心にしみる

天使みたいな類の笑顔

あたしだけが知ってる

この純粋さを

いつまでも守りたい

「ねぇ、つくし」

「俺の特別でいて?」

うしろから抱きしめてくる

大きな腕

類が今どんな表情で

いるのかは見えなかったけど

きっと

すごく優しい顔をしているんだと思う

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加