心変わりの季節13

類にいきなり

きつく抱きしめられた

「もう何も言うな」

あたしは後悔した

本当は類と仲直りしたかっただけなのに

素直になれば

この温もりが

いつもそばにいてくれるかも

しれないのに

突き放すようなことを言って

本当に…ごめんなさい

「あのさぁ、勘違いしてるかもしれないけど」

「俺は静のことは

もう好きとか

そういうのじゃないから」

静さんのことを

どう思ってるか心配だなんて

類に言ったことないのに

類は

あたしの気持ちが分かるんだ

類にはなんでも

お見通しなんだ

あたしは

すごく恥ずかしくなった

「あのな、最近出かけてたのは」

「新しい仕事を始めるための準備で」

「つくしとちゃんと安定して暮らせるようにな」

「心配かけたくなくて

言えなかったんだ」

……類

ごめんなさい

あたしときたら

勘違いして

道明寺に心が揺れたりして……

これからは

もっともっと

類のことを信用しよう

あたしは

自分の勘違いを

心底申し訳なくなった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加