心変わりの季節11

浮ついた気持ちのまま

家に向かって歩いていた

道明寺と久しぶりに会って

心惹かれてしまった自分もいた

……

家についた

類はいるんだろうか

なんだか

気が重かった

家出した手前

ドアをあけるのが気まずい

えい……

ドアをあけた

類の靴が

玄関に置いてある

……

いたんだ

と、リビングから

大きな声がきこえた

「どこ行ってたの?」

怒ったような声……

類がこんなに大きな声で

話しているのは

はじめてきいた

「どこって……」

あたしはモゴモゴしてしまった

道明寺と会ってたなんて

とても言えない

「男と会ってたの?」

類はやっぱり怒っている

声を荒げながら

こっちに向かってきた……

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加