心変わりの季節8

「よぉ、何してんだよ?」

あてもなく歩いていると

久しぶりのあいつの声

「道明寺?」

「よ、そんな顔してどうしたんだよ」

……

類と気まずくなって

家出してきたなんて言えないよ

「ま、久しぶりに茶でも飲む?」

「……うん」

道明寺の能天気さに

救われる思いがした

お茶だけなら……

昔いろいろあった道明寺だけど

今こうやって普通に話せるようになったのが不思議だ

「お前、類とうまくいってねーんだろ?」

いきなり直球の質問だ

道明寺……

こいつは能天気そうにみえて

ものごとの本質がよく見えているというか

デリカシーがないというか

あたしは思わず

プッと笑ってしまった

そういえば

笑ったのなんて久しぶりかも

心の重荷が

軽くなるのを感じる

今はただ

類へのツラい思いを

ごまかしたかった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加