心変わりの季節7

とうとうあたしは

家出してしまった

本当は類の話を聞きたかったし

あたしも

話したいことがたくさんあった

話せば分かり合えることも

あったかもしれない

でも

ただただ怖かった

もし別れを告げられたら

そんな気がして

いや、そんな予感があって

あたしは

逃げてきてしまったのだ

類が思ってる人は

あの人しかいない

静さん

本当に素敵な女性

絶対に敵わない女性

私も静さんが大好きだから

類が静さんのことを

大好きでも

納得しないといけない

でも、いいの?

このままあきらめて

そんな声が

あたしの心の奥から響いてくる

好き

類が好き

類が大好きで

あたしはたまらないのに

類への思いは

あたしの想像以上にふくらんでいたようだ

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加