心変わりの季節6

「俺さ……」

「ねぇ、何も言わないで!」

久しぶりに話しだした類に

あたしは思わず怒鳴ってしまった

どうせ

別れ話なんだろう

この会話が終われば

あたしたちは別々になる

類はきっと

静さんのところに行って

もう二度と

会えなくなるのかもしれない

「俺、話があるんだけど」

「いやだ、ききたくない」

ただケンカになるだけだから

これ以上話しても無駄だ

あたしがうちを出ていく

もう類と心が通ってないなら

こんな家

いたって意味がない

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加