心変わりの季節5

類が久しぶりに帰ってきた

何日顔を合わせなかっただろう

久しぶりすぎて

よそよそしい空気

気まずい空気が流れていく

どこに泊まってたの?

ききたいけど

それはきけなかった

たぶん、きっと

静さんちなんだと思う

そういうことも

してきたの?

心がズキズキ痛む

そういえば類は

どこか雰囲気が変わった

素敵な静さんに影響されて

もっともっと

あたしの手の届かないところに

行ってしまったのだろう

同じ部屋にいるのに

こんなに遠い

気付いたら……

絶対に見せたくないけど

涙も出てくる

あたしはうつむきながら

キッチンに向かった

ずっと黙っている類が

怖かった

お願いだから

「もう一緒に住むのやめよう」

なんて言わないで

今はあたしも

なにも話したくない

静寂だけが

この部屋を支配していた……

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加