心変わりの季節3

やっぱり類は

帰ってこなかった

日が暮れて

夜になって

あきらめに近い感情に

ただ支配されていた

類と両想いで

付き合ってると思ってたのは

自分だけなのかも

ただただ

虚しさに支配されながら

類の心にいる人が、

羨ましいと思っていた

その時だった

テレビのニュースにうつるあの人……

藤堂…静さん

さらに美しくなった

静さんが眩しかった

フランスから帰っていたんだ……

類がいないこと

静さんが帰ってきたこと

2つの事柄が

点と線でつながって

あたしの心は

壊れそうだった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加