心変わりの季節1

なぜ急にこうなってしまったのだろう

つくし

そう呼び合う仲になっていたはずなのに

確実に

仲は深まっていたはずなのに

類がこの頃

笑顔を見せてくれない

同じ家に暮らしているのに

類が遠く感じる

ぼーっと窓の外を眺めている類を見ると

胸がキューっと締め付けられる

類……

いったい何を考えているの?

類の心の中に

あたしはいるんだろうか

そもそも仲がよかったのも遠い昔に感じて

まるで幻のようだった

一緒に暮らしはじめた頃に

満開だった桜の木も

今は花が散り、緑の芽が芽吹いていた

世の中のことは

何もかもが変化する

でも今は

ただただ、変わっていくことが怖かった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加