桜咲く頃17

「牧野……俺」

「お前のことが……」

花沢類にうしろから

抱きしめられながら

あたしは頭が真っ白になっていた

好きと言われた瞬間

パニックになりそうになった

どうしたらいいのか

嬉しさと信じられない気持ちで

いっぱいだった

あたしも好き

そう言いたかったけど

その言葉が

どうしても言えなかった

両思いになれることが

こんなに嬉しいなんて……

「ずっと一緒に暮らしたい」

花沢類の言葉に

うん、とうなずいた

心にぽっかりあいた寂しさが

じんわりと埋まっていった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加