桜咲く頃15

ただいま

その一言がどんなに

嬉しかったか分からない

泣きつかれているから

花沢類の顔がぼやけてみえた

「俺やっぱり

しばらくここに住むわ」

「一回実家出ちゃうと

あんなとこ戻れねぇ」

無邪気に笑う花沢類の顔を見て

一気に気持ちが明るくなった

もうこれからは

ぼんやり過ごすのはやめよう

花沢類といつまで一緒に

いれるのか分からない

だから1日1日を

大切にすごそう

大好きだよ、花沢類

声には出せないけど

心の中でそうつぶやいた

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加