桜咲く頃9

新生活も

落ち着いてきた気がする……

でも落ち着くのと同時に

お金の不安に

襲われつつあった

自分で生活するということは

家賃を払って

食費を払って……

本当に大変だ

泣きそうなプレッシャーが

あたしを蝕んでいた

そんなあたしを

花沢類は心配そうに見ている

「お金のことは俺がなんとかするから」

「俺だって色々考えてる」

いつもぼんやりしている花沢類が

今日は真っ直ぐ

強い眼差しで見つめてくる

なんだかあたしは

ドキっとしてしまった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加