桜咲く頃6

ニトリに来た花沢類は

終始キョロキョロしていた

「ここ、レストランじゃなかったんだ」

俺、お腹すいたよと

ガッカリした花沢類を見て

笑ってしまった

「まずは生活用品をいろいろ揃えなきゃ」

フライパン、枕、お皿……

いろいろなものを

二人で選んでいく

花沢類は適当そうに見えて

すごくセンスがいい

自分に似合うものを

見つけるのがすごく上手だった

「へぇ、こんな値段で買えるんだ」

自分でほとんど

買い物をしたことがないらしい花沢類は

とても楽しそうだ

その横顔を見ていると

こっちまで幸せな気持ちになってくる

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加