桜咲く頃3

「うん、ここでいいよ」

あたしが何とか探しだした

古アパート……

アパートというより

○○荘という名前の

オンボロだったけど

家賃3万円という

激安価格にひかれて

恐る恐る

花沢類にきいてみたら

瞬時にオッケーの返事が返ってきて

拍子抜けしてしまった

とんでもないお坊ちゃんの

花沢類が

こんなオンボロアパート暮らしなんて

不安でいっぱいだったけど

今のあたしのバイト代を考えると

このレベルの家が限界だ

「ここだよ、このアパートに住むの」

「へぇー」

ガッカリするかと思ったら

なぜか目をキラキラさせる花沢類

「レトロでいいね」

擦りきれた畳の上に

ちょこんと座った花沢類がかわいかった

ここから

あたしたちの暮らしが始まる……

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加