桜咲く頃2

「ねぇ、どんなところがいい?」

「………」

花沢類は本当にマイペースだ

どんな街で

どんな場所で

どんな家に住むか

アパート?マンション?

決めなきゃいけないことは

山ほどあるのに……

なにをきいても

空を見ながら

「好きにすれば?」と花沢類は言う

もう……

困ったな

実家を出るのは初めてだし

新しい生活が楽しみではあるけど

やっぱり

お金のことが心配だったりする

花沢類は

お坊ちゃんだから

自分で生活することの大変さが

分かってないんだ

あたしがしっかりしなきゃ

でも

なんとかバイトを掛け持ちしたとしても

家賃3万円くらいの

古アパートが限界かもしれない

でも、そんな古くて汚い家で

花沢類が耐えられるの?

あたしの心は

悩みでいっぱいだった

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加