「 2018年10月 」一覧




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

桜咲く頃15

桜咲く頃15

ただいま その一言がどんなに 嬉しかったか分からない 泣きつかれているから 花沢類の顔がぼやけてみえ...

記事を読む

桜咲く頃14

桜咲く頃14

泣いてばかりいたから 顔が腫れている 花沢類と一緒にいた頃の しあわせそうな笑顔は どっかにいってしまった ...

記事を読む

桜咲く頃13

桜咲く頃13

きのうまで 当たり前だったことも 今日からは 当たり前じゃなくなってしまった 実家に呼び出され 部屋を...

記事を読む




桜咲く頃12

桜咲く頃12

穏やかな暮らしが続いていた 花沢類が持つ空気は独特で せわしなく生きてきたあたしは 本当に癒やされていた ...

記事を読む

桜咲く頃11

桜咲く頃11

「おいで」 花沢類に導かれながら 春の道を歩く 桜の花びらが散り始めている 公園にたどり着いた ...

記事を読む

桜咲く頃10

桜咲く頃10

「何してるの?」 窓辺から外を眺めて 何かに熱中している花沢類 手元を見ると 白い画用紙に 絵...

記事を読む

桜咲く頃9

桜咲く頃9

新生活も 落ち着いてきた気がする…… でも落ち着くのと同時に お金の不安に 襲われつつあった ...

記事を読む

桜咲く頃8

桜咲く頃8

新生活は大変だ ニトリで生活用品を 少し買っただけで お財布のお金が かなり減ってしまった ...

記事を読む

桜咲く頃7

桜咲く頃7

ニトリで買い物を終えて 両手いっぱいの荷物を抱え 川辺を歩いていた 花沢類より 少し後ろを歩く ...

記事を読む

桜咲く頃6

桜咲く頃6

ニトリに来た花沢類は 終始キョロキョロしていた 「ここ、レストランじゃなかったんだ」 俺、お腹すいたよと ...

記事を読む